新聞、テレビは、まもなく消滅するというけれど、「映画」はどうでしょう。コンテンツはもちろん残るのは当然として、映画館の数とか映画を見に行く人(観客)などは、減少の一途をたどっているでしょうか?実際の統計をみると、必ずしもそうではないようです。

映画観客数の推移
      年間映画入場者数の推移(日本映画産業統計より 単位:千人)

 入場者のピークは、ラジオの黄金時代とも重なり、1958年でした。60年代は、テレビの普及に反比例して、急減しますが、70年代以降は、ほぼ横ばいを続けています。最近は、やや微増という感じです。

 これは、シネマ・コンプレックス(シネコン)が増えたためと思われます。リアルな空間で、小規模ながら、友人、恋人、あるいはひとりで、郊外のショッピングセンターにあるシネコンで、スクリーン映画を楽しむ人がけっこういるということでしょうね。空間メディアは顕在なり、か。

 最近では、シネコンでロードショーされた映画は、短期間でDVDやCATV有料チャンネルなどにまわされ、マルチユースが定着しているとうのが現状のようです。その中で、テレビや新聞は、やはり低迷を続けるのはやむを得ないところでしょうか。
映画館と観客の文化史 (中公新書)
映画館と観客の文化史 (中公新書)
クチコミを見る

『映画館と観客の文化史』という本は、いろんな意味で参考になります。