ここ1,2年ほどの間に、Web2.0に代わって、social media(ソーシャルメディア)ということばが定着したようです。この和製英語っぽいことばは、誰が発案したのでしょうか?アメリカ人なら、Social Networkingというところでしょうけれど、勉強不足なので、調べがついていません。

 アメリカ版 ?"Social Media Revolution"というプロモーションビデオ(日本語訳つき)を見ると、、、


 しかし、この「革命」はいまに始まったことではなく、1995年を起点としていると考えた方がよさそうです。NHKオンラインの似たようなビデオクリップを見ると、それがよくわかります。これはNHKの視点ですが、、、


 NHKの視点ではなくても、1995年というのは、阪神淡路大震災でのインターネット発信活動、インターネット新聞の登場、不特定多数向けの個人ホームページの急増、など、エポックメイキング的な動きがあり、それが現在まで続く「革命」を引き起こしているように思われます。