けさの朝日新聞朝刊で、「日本人の情報行動」調査(代表:橋元良明・東大情報学環教授)の最新データが公表されました。調査対象は無作為抽出による13~69歳の全国2500人。そのさわり部分をご紹介します。

調査の結果、10代の自宅PCによるネット利用時間は1日に12.8分で、5年前に比べて5分あまり減少した。・・・これに対して、携帯によるネット利用時間は66.0分で、他の世代よりも長い。ただし、5年前との比較では微増にとどまっており、10代のメディア利用時間はテレビゲームやDVD、携帯ゲームなどに分散していた(朝日新聞2010年12月12日朝刊より)
日本人の情報行動グラフ2010左の図のような結果になっています(朝日新聞記事からの引用)。このようなトレンドを良しとみるか、嘆かわしいとみるか、見解の分かれるところかもしれません。テレビ視聴時間がそれほど食われていないことからみて、10代の若者は、新しいメディアとオールドメディアを巧みに使い分けるリテラシーを身につけているものと思われます。