今回ご紹介するのは、三浦麻子さんと川浦康至さんの共著「人はなぜ知識共有コミュニティに参加するのか」という論文です。折田さんとは違って、知識共有コミュニティを次の2つに分けています。
(1)ウィキペディアのように、扱われる内容が狭義の情報(いわゆる知識)のみの百科事典型コミュニティ
(2)利用者の情報ニーズが「質問」という形で顕在化し、他の利用者がそれに対する「回答」を投稿する、Q&A型コミュニティ

 本論文が対象としているのは、(2)のQ&Aコミュニティです。具体的には、Yahoo!知恵袋の利用者に対して、質問者用質問紙(Q版)と回答者用質問紙(A版)の2種類を用意し、ウェブ上で調査を行っています。調査の概要は次のとおりです。

調査期間:2005年12月16日~20日
調査対象:上記期間中に知恵袋にログインし、質問か回答のいずれかを投稿した利用者。
有効回答:Q版5562人、A版2513人
回答者属性:男性50.3%、女性49.7%、平均年齢31.4歳


調査の結果

コミュニティへの参加状況とスタイル
 質問投稿数、回答投稿数を比較すると、平均値は質問投稿よりも回答投稿の方が多い。質問1件あたり平均3.6件の回答が寄せられています。この数値をもとに、三浦さんらは、コミュニティ参加スタイルを次の4群に分けているます。
①質問投稿のみ
②質問と回答の両方、かつ質問>=回答(質問優位)
③両方投稿、かつ、回答>=質問(回答優位)
④回答投稿のみ
4群中いちばん多かったのは①で、平均投稿数は2.7件。他方、「回答投稿のみ」群の平均回答投稿数は137.47と非常に多くなっています。コミュニティに対する関与度の高い人びとだと考えられます。

質問投稿動機:
 調査では、9つの動機を提示し、回答を得ています。これを因子分析した結果は、次のようになっています。
Q&Aコミュニティ質問動機の因子分析
                         (出典:三浦・川浦, p.238)

 「社会的動機」「外発的動機」「内発的動機」の3タイプに分かれています。分散分析によって、属性との関連も検討されています(省略)。

回答投稿動機
 これについても、因子分析を行っています。その結果は、次のようになっています。
Q&Aコミュニティ回答動機の因子分析
                       (出典:三浦・川浦,p.240)

 結果、「援助動機」「互酬的動機」「社会的動機」「報酬的動機」の4タイプが得られています。全体として多かったのは、「援助的動機」でした。

考 察
 最後の「考察」部分から、いくつか引用させていただきたいと思います。

・投稿数に基づく分析では、投稿された質問に対して何らかの回答がなされ、さらに多くの場合、それは複数寄せられていた。回答投稿の主な動機として「援助的動機」が、参加スタイルを問わず、共通に挙げられていた。これらの結果は、知恵袋というQ&Aコミュニティでは、積極的かつ協力的な対人コミュニケーションが展開されているようすを示している。
・全体としてこのような傾向が見られる一方で、対人コミュニケーションへの欲求については必ずしも強くない。コミュニティ参加者の多くは、コミュニティの一参加者、特に質問者-回答者ダイアドという関係の中で情報交換や情緒的サポートの授受を求めはしても、それを契機に個別的な対人関係には発展させようという欲求はあまり強くはない。ひいては、このことがコミュニティ内での攻撃行動や対人葛藤の発生頻度を減じさせ、一定の秩序あるコミュニティを可能にしているのである。
・参加者の相互援助的な動機に基づく質問者-回答者ダイアドでの相互作用は、結果としてコミュニティ全体の雰囲気を良好にし、コミュニティ全体、そこで展開されるコミュニケーションに対する高い信頼を生み出している。


結論として、本論文を通して、「多くの人が純粋な善意でコミュニティに参加しているようすが示されたことは、インターネット社会にポジティブな世界観を適用しうる余地が存在することを証明するものといえよう」と締めくくっています。

 何か、緻密な分析を通して希望の持てる結論を導いており、希望のもてる論文と拝察しました。

 なお、詳しい内容については、参考文献をごらんください。ネット上にpdfが提供されています。これも、知識共有のあらわれで好感がもてます。

参考文献:
三浦麻子・川浦康至「人はなぜ知識共有コミュニティに参加するのか「質問行動と回答行動の分析」『社会心理学研究』第23巻第3号