母のバースデー/プレゼントとして購入したiPad、いまでは、私が99%使うということに。母が気に入ったiPadの機能は、「地図」検索アプリでした。Google mapが最初からインストールされています。

 これを起動して、母がまず探したのは、生まれ故郷の街でした。住所を入力し、いちばん拡大して見ると、曲がった階段らしき表示が出ました。どうやら、そこの脇が生まれ育った場所のようでした(昔の住所なので、いまは別の番地になっているようです)。航空写真も合わせて閲覧。大喜びでした。残念ながら、小さなローカルの街なので、Street Viewは見ることができませんでしたが、満足してくれたようです。なにしろ、母は足腰が弱って、外出もままならぬ状態なので、「バーチャル」にでも楽しめたことはよかったと思います。

 ついでに、いま住んでいる場所(東京都内)を検索し、今度はStreet Viewを合わせて見せたところ、ますます喜んでいました。パソコン音痴の高齢者でも楽しめるようなPCが登場したというところでしょうか。