WindowsパソコンでつくったpdfファイルをdropboxでiPadに送ると、どういうわけか、写真の赤が青になってしまいます。これは致命的な問題。

 というわけで、pdfファイルでWindowパソコンからiPadに転送することはあきらめました。

 次なる問題は、一太郎文書をワード形式で保存する場合、docx形式では保存できず、doc形式でしかだめ、という点です。

 dropboxはdoc形式のファイルは読み込んでくれず、docx形式に変換してから、dropboxに送らなければならないのです。

 ああ、面倒なことこの上ありません。つまり、

一太郎⇒doc形式のワードファイル⇒ワードでdocx形式に変換保存
⇒dropboxに転送

ということになります。いっそ、愛すべき「一太郎」と決別しようか、悩んでいるところです。

※追記:

 一太郎でpdfを作成すると、iPadでは、写真の色が違ってしまいます。
しかし、Wordでpdfをつくると、iPadでも、色の変化はありません。

 ということは、PC←→iPadで互換性のあるpdfを作るには、どの変換ツールを使うかを考える必要があるということになります。

 これからは、ワード上でpdf変換をかけることにしたいと思います。
 これで、問題解決か!!一太郎を捨てずに済みそう。