IWorksの使い方が、今ひとつわかりませんでした。手元にマニュアルがないので、手探り状態です。

 IWorksは、アップル社が提供するオフィスソフトの総称です。iPad向けには、ワープロソフトのPages、表計算ソフトのNumbers、プレゼン用のkeynotesがあります。いずれも、単体で1200円します。この値段は、iPadとしては、かなり高い設定です。

 なので、私は、PagesとKeynoteの2つだけ購入しています。

 まず、Pagesの使い勝手ですが、やはり、PC版に比べて、機能がかなり限定されているような気がします。何よりも、画面上部のツールバーが簡単すぎるのです。 なので、細かい設定に苦労します。どうやら分かったのは、設定は、画面右上の( i )ボタンで行うということです。

 もう一つわからなかったのは、文書に独自の名前をつけて保管する方法でした。やっとわかりました。画面左上の「マイドキュメント」ボタンをクリックし、画面下のファイル名をクリックすると、文書名を入力することができるのです。 ただし、この文書を保管する先を、どこにするかがわかりません。フォルダーを指定するなど、階層的に管理するという概念がないのでしょうか??もう少し勉強したいと思います。

 iWorks for iPadに関するこんなブログをみつけました。

この3つのAppですが、結論からいいますと、初日に速攻で手に入れたものの、実用で使ったのはほとんどゼロ。

基本的に、他人に「どうだ、かっこいいだろう」とか「仕事にも使えるんだぜ」というアピールで終わります。

アピール代として3600円が妥当かどうかということですが、まぁ、妥当(え)。(「たまには人柱も悪くない」ブログより)


私も、いまのところ同じような感想をもっています。果たして、スタンドアロンで使い込めるか、が問題ですね。