いま読み進めているThe Digital Divideという本には、web2.0のオリジナル文書の他に、いくつかの関連論考が掲載されている。 その一つは、"Web 2.0: the second generation of the internet has arrived and it's worse than you think"  というもので、このタイトルから想像する限り、Web2.0批判のようだ。著者は、Andrew Keen氏。出典は、The Weekly Standard誌(2006年2月14日)。

 この論考の要旨を、原文と訳文を併記しながら紹介していきたい。

・nimble 動きの速い、すばやい、敏捷な
〔原文〕 We moderns are less nimble at resisting great seductions, particularly those utopian vision that promise grand political or cultural salvation. (中略) Here in Silicon Valley, this seduction has announced itself to the world as the "Web2.0" movement. 
〔訳〕われわれ現代人は、大きな誘惑に抵抗するのに、(古代の人々ほど)敏捷ではない。とくに、政治的、文化的な壮大な救済を約束するユートピア的ビジョンに対しては。(中略) ここシリコンバレーでは、この誘惑は「Web2.0」運動として世界に自ら宣言している。

・opinionated 自説を固執する
〔原文〕 This Web2.0 dream is Socrates' nightmare: technology that arms every citizen with the means to be an opinionated artist or writer.
〔訳〕このWeb2.0の夢はソクラテスの悪夢だ。すべての市民に自説を固執する芸術家や作家になるための手段を装備する技術なのだから。

・eschatology 終末論
〔原文〕 This outlook is typical of the Web2.0 movement, which fuses '60s radicalism with the utopian eschatology of digital technology. The ideological outcome may be trouble for all of us.
〔訳〕この見通し(ユーザー生成的なオンラインコンテンツが約束の地だという考え)は、Web2.0運動にとって典型的なものだ。それは60年代のラディカリズムとデジタル技術のユートピア的終末論を融合したものだ。

・geek コンピュータやインターネット技術に極端にのめり込む人々
〔原文〕 The movement bridges countercultural radicals of the '60s such as Steve Jobs with contemporary geek culture of Google's Larry Page.
〔訳〕こうした運動はスティーブ・ジョブズのような60年代のカウンターカルチャーの過激派とグーグルのラリー・ペイジを結びつけている。

・exuberance 豊富
〔原文〕 We know what happened first time around, in the dot-com boom of the '90s. At first there was irrational exuberance. Then the dot-com bubble popped; some people lost a lot of money and a lot of people lost some money. But nothing really changed. Big media remained big media and almost everything else - with the exception of Amazon.com and eBay - withered away.
〔訳〕われわれは90年代のドットコムブームの最初期に何が起こったかを知っている。最初の頃は、豊穣さがあった。それから、ドットコムバブルがはじけた。なにがしかの人々は多額の金を失い、多くの人はなにがしかの金を失った。しかし、実際にはなにも変わらなかった。ビッグメディアはビッグメディアのままでとどまり、その他のほとんは、アマゾンやeBayを除いては衰退してしまった。

・dinosaur 恐竜
・annihilation 絶滅
〔原文〕This time, however, the consequences of the digital media revolution are much more profound. Apple and Google and craiglist really are revolutionizing our cultural habirts. Traditional "elitist" media is being destroyed by digital technologies. Network television, the modern equivalent of the dinosaur, is being shaken by TiVo's overnight annnihilation of the thirty-second commercial. The iPod is undermining the multi-billion-dollar music industry.
〔訳〕しかしながら、今回は、デジタルメディア革命の影響ははるかに広範囲に及んでいる。アップルやグーグルやクレイグリストは実際にわれわれの文化的習慣を革命的に変化させている。伝統的な「エリート」メディアはデジタル技術によって破壊されている、恐竜の現代版であるネットワークTVは、デジタルビデオレコーダーが30秒のコマーシャルを一晩で絶滅させることによって大きく揺らいでいる。iPodは数十億ドルの音楽産業を根底から覆している。

・drain 排水する;〔飲み干して〕空にする
〔原文〕 Meanwhile, digital piracy, enabled by Silicon Valley hardware adn justified by Silicon Valley intellectual property communists such as Larry Lessig, is draining revenue from established artists, movie studios, newspapers, record labels, and songwriters.
〔訳〕その一方で、(シリコンバレーのハードウェアによって可能にされ、ラリー・レッシグのようなシリコンバレーの知的財産共産主義者によって正当化されている)デジタル海賊行為は、既存のアーティスト、映画スタジオ、新聞社、レコードレイベル、ソングライターから収入を枯渇させている。

・amnesia 記憶喪失
〔原文〕One of the unintended consequences of the Web2.0 movement may well be that we fall, collectively, into the amnesia that Kafka describes. Without an elite mainstream media, we will lose our memory for things learned, read, experienced, or heard.
〔訳〕Web2.0運動の意図せざる結果は、われわれが集合的にカフカの記述する記憶喪失に陥ってしまうということかもしれない。エリート主流メディアがなければ、われわれは学習され、読まれ、経験され、あるいは聴かれたものごとの記憶を失ってしまうことだろう。

(終わり)