東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器内で、核分裂によって生じる放射性のキセノン133やキセノン135とみられる気体がごく微量検出された問題で、経済産業省原子力安全・保安院は2日、検出されたのはキセノン133と135だったと発表した。東電も同日、気体を再度測定した結果、同濃度のキセノンとみられる気体を検出したと発表。保安院は核分裂反応が起き、キセノンが発生した可能性は高いと話している。 (毎日新聞:2011年11月2日
 これは気になる記事だ。原発内で実際に起きていることは、だれも直接確認できないだけに、不安も大きい。