日本テレビが11月30日夜に生放送した歌番組「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2011」で、一部出演者の歌唱シーンは2週間前に収録した映像を生放送のように演出したものだったことが、関係者の話でわかった。日テレ側も事実関係について認め、「紛らわしい演出だった」としている。(朝日新聞12月1日)
 これが事実とすれば、「やらせ」によって視聴者を騙す行為とみなされても仕方がないだろう。
関係者によると、歌手の平井堅さんと、3人組「いきものがかり」の出演部分は11月17日に東京都内の日本テレビのスタジオで収録されていた。その際、スタッフが観覧客に「生放送の司会者から呼びかけられた設定で反応してほしい」と依頼し、「口外しないように」との念押しもあったという。(朝日新聞12月1日)

録画を「生中継」のように演出。日テレ「だます気なかった」(朝日新聞12月1日〕

日本テレビ、事前収録場面を「生放送」演出(読売新聞12月1日)

収録なのに「生放送」のふり 日テレ歌番組(産経新聞12月1日)