仕事の必要上、文具やプリンタインクなど消耗品を買う機会は多いが、お店まで出向くのはけっこう面倒なものである。そこで同僚に、いったいふだんどこで買っているの?と聞いたところ、耳寄りな情報を得ることができた。「アスクル」というネット通販で買うのだとか。本大学も法人契約をしているので、ネットで注文すれば、月末にまとめて請求書と納品書を送ってくれるので便利だ、というのだ。

 さっそくアスクルのサイトにアクセスし、登録の手続きを行った。なるほど、確かに便利だ。とりあえず、ボールペン、オフィス用紙、プリンタインク、セロテープなどを注文したところ、翌日には研究事務室まで届いた。ハヤ!

 ちなみに、「アスクル」という名前は、「明日来る」に引っかけてネーミングされたそうな。消耗品、オフィス備品などに関しては、アマゾンよりもはるかに品揃えは豊富だ。なにしろ、送られてきたカタログは、1280ページという膨大なものだ。これで、消耗品を買う手間は大幅に縮減することになるだろう。