メディア・リサーチ

メディアとコンテンツをめぐる雑感と考察

2012年12月

 パソコンにあるPDFファイルをkindleリーダーに転送する方法としては、USBケーブルでコピペするのが簡単だが、PCソフト(send to kindle=無料)を使うと、ケーブルをつながなくても、pdfファイルを転送できることがわかった。これで、自炊→kindleへの転送、の仕方がわかった。年明けには、知人から、使っていないという断裁機一式が贈られてくる予定なので、それがいまから楽しみ!来年は、私にとって「自炊」元年になるだろう。

 私の場合、少しでも安い端末をということで、7980円のpaprewhite(Wi-Fi版)を購入したのだが、いまから思うと、3G版にしておけばよかったかと、若干後悔している。というのは、Wi-fi版だと、外出先の車内など、Wi-Fi環境がないところでも、読んだ部分の記録をクラウドに転送したり、新しい書籍をkindleストアで即購入したい場合にも対応していないが、3G版だと、これらがユビキタスに可能だからである。

 kindleのメリットとして、既読部分を異なるデバイスで自動的に同期してくれるという点がある。例えば、自宅のiPadで読みかけのまま、kindleリーダーをポケットに入れて、電車の中で続きを読みたい場合、読みかけの部分がさっと表示されるので、とても便利なのだ。Wi-Fi版だと、モバイルルーターでも持っていない限り、異なるデバイス間の「読みかけ」機能が付けないだ。まあ、自宅に戻ってから、同期させてもいいのだが、、、

 5000円の価格差をどう考えるか、判断の分かれるところだが、シームレスに異なるデバイス間での、読みかけデータを引き継げるという、kindleの機能を生かしたいと思えば、3G版をお勧めしたい。
 
また、出先で新規に本を購入したいという場合にも、やはり3G版がおすすめだろう。3Gを使っても、通信料はアマゾンが負担してくれるので、コスト的には変わらず、この点もkindleのメリットといえる。

 kindleで購入した電子書籍は、クラウド上にコピーがおかれているので、デバイスが異なっても、それをダウンロードして、各種の端末で読むことができる。これは実にすばらしい機能だ。私は、kindleリーダーの他に、iPad、iPad mini、iPhoneをもっているので、合計4台を使い分けながら、電子書籍を読むことができるのだ。下の写真は、iPadをのぞく3機種を撮影したもの。

kindle&iPhone&ipadmini

 読みやすさは、やはりサイズの大きなiPad miniだが、ポケットには入らない。しかし、kindleリーダーとiPhoneはポケットにすっぽり入るので、電車の中などでも気軽に読むことができるので便利だ。iPhoneの場合には、画面が小さすぎるので、写真にあるような雑誌サイズの本だと字が細かすぎる。また、バッテリーの持ち時間が短いのもデメリットだ。バッテリーの持ち時間の点では、kindle専用リーダーが、なんと8週間というロングバッテリーで、ダントツに優位だ。A5版の本までならば、kindle専用リーダーが断然おすすめ。目が疲れないのもいい。

 というわけで、kindleの場合、シチュエーションに応じて、端末を使い分けられる点がとても気に入っている。

 さて、きょうは電車でお出かけなので、kindleリーダーをポケットに入れておくことにしよう。

※これはユーザーズガイドには書いていないので、注意していただきたいが、kindleは、ワンクリックで本を買えるように設定されているので、kindleリーダーを購入したらすぐに、本体にパスワードをかけておくことをお勧めする。
これは、iPadやiPhoneでも同じこと。


 ここ数日間で、相次いで、電子書籍リーダーが入荷したので、さっそく両者をためしてみた。機種は、Kindle paperwhiteとiPad miniだ。kindleリーダーは、意外と小さく、ほぼ新書版のサイズに対し、iPad miniはほぼA5版
とやや大きめ。下の写真は両者を並べたところだ。右側がiPad mini。持ったときの重さの感じは、ほとんど同じなので、サイズ重量的には、iPad miniが勝っている。文字の大きさも、iPadのほうが読みやすい。

 ただし、Kindleはe-inkを使っているので、目の疲れは少ない。

 kindleのUSBケーブルをパソコンにつなぐと、充電ができる他、パソコン内にあるpdfファイルを、コピペで簡単にkindleに取り込むことができる。PCでメール内にあるpdf文書を持ち歩くにはとても便利な機能だ。iPadの場合には、pdfを読むのに、どうすればいいのだろうか。dropboxなどのアプリをインストールしないと、読めなかったと記憶するが、まだ試してはいない。それほど、kindleの簡便さがわかるというものだ。kindleで購入した電子書籍は、クラウドを介してiPad miniでも読むことできる。しかも、読みかけの部分がそのままの位置でiPad miniに引き継がれるので、これもまた超便利な機能といえよう。

 これ以上はまだためしていないので、いずれ使いこなしつつ、ご報告したいと思う。(以上、kindelを使い始めてから1時間での試用記でした)


kindle&iPadmini


このページのトップヘ