メディア・リサーチ

メディアとコンテンツをめぐる雑感と考察

カテゴリ: デジタルカメラ

 花の写真が撮りたくて、60mmのマクロレンズを購入しました。最初は、ヤフオクで安い中古品でもゲットしようかと思い、入札したのですが、価格が折り合わず、結局、アマゾンで新品を購入することにしました。レンズは傷がつきやすいし、オークションだと保証がつかないのも気になりました。

 届いたレンズ(Canon EF 60mm Macro USM)を早速、EOS80Dの本体に装着。授業のあと、近くの小石川植物園に立ち寄り、季節の花々を撮影してきました。作例をいくつかご披露したいと思います。雨上がりの、露に濡れた花がとても綺麗でした。

 



Canon 単焦点マクロレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM APS-C対応
キヤノン (2005-03-17)
売り上げランキング: 13,516

 体調がよくなると、がぜん物欲がわいてきます。以前から欲しかったミドルクラスの一眼レフカメラを買ってしまいました。CanonのEOS80D。カメラのキタムラで、以前から所有していたNikonのD5100を下取りに出して、12万円ちょいで購入しました。Nikonのカメラは、発色が私に合っていなくて、ほこりをかぶっている状態でしたが、下取り価格がなんと2万3000円ということで、驚愕しました。買ったときは確か5万円台だったので、なんとなく得をした気分です。

 しかも、6月末まで、EOS 80D発売記念キャンペーン期間中ということで、定価25000円相当のパワーズームキットがもれなく無料でもらえることになりました。ということで、実質10万円で手に入れた、高性能の最新一眼レフです。

  さっそく、六義園やら神代植物園やらに、三脚とリュックとともに持ち出し、試し撮りをしてきました。自分で気に入った作例をいくつかアップしておきますね。



 
 これからは、花の写真専門のアマチュア写真家をめざしたいと思っています。なお、FlickrのFlowersグループに参加していて、世界中の花の写真好きの人たちと交流をはかっています。

 ところで、このカメラもそうですが、最近のデジタル一眼レフ(コンデジも含めて)は、WiFi機能を内蔵しているものが増えていますね。私は、このカメラ専用に、Eye-Fi Mobiカードという、WiFiルーター機能を内蔵したSDカードを購入しました。これを使うと、カメラで写真をとった端から、写真画像をiPhoneやiPadに転送し、その場で確認したり、SNSにアップしたりできるので、とても便利です。撮った写真は、すべてEye-Fiの容量無制限クラウドに保管されますし、自宅に帰ると、PCをつうじて、DropBoxやFlickrにも自動転送されるように設定しています。これで、バックアップは完璧です。


Eyefi Mobi
Eyefi Mobi
開発元:Eye-Fi
無料
posted with アプリーチ

 

こういうカメラが欲しかった!カシオから発売。旅のお供には最適でしょうね。デジカメ元祖の面目躍如か。
カシオは、屋内でも位置情報を測位可能なGPS搭載コンパクトデジタルカメラ「EXILIM EX-H20G」を11月26日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万円前後の見込み(デジカメウォッチより)。

 来年春頃になれば、キャノンやニコンのデジイチにも搭載されるようになるでしょうか?期待が膨らみます。

※デジカメ第1号開発の様子は、2004年NHKで放送された「プロジェクトX 挑戦者たち 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭ける」にあります。YouTubeにはありませんが、NHKオンデマンド「特選ライブラリー」にアップされています(有料)。バブル崩壊期、デジタルものづくりに賭けた男たちの執念が結実。

発売が1995年だったとは知りませんでした。というと、今年は15周年。95年は、マイクロソフトからWindows95が発売された年でもあります。やはり、特別の年だったようです。デジカメ1号機、私も買いました。いまは、どこにあるか、わからなくなってしまいました。大事にとっておけばよかった、、、
 

このページのトップヘ