メディア・リサーチ

メディアとコンテンツをめぐる雑感と考察

カテゴリ: ライフスタイル

   一時期、「デジタルネイティブ」という言葉が流行ったことがある。生まれたときからデジタルメディアに囲まれ、インターネットやケータイを自由自在に操れる若者たちのことをいう。

   果たして、いまの若者たちはすべてデジタルネイティヴなのか?もちろん、そんなことはない。では、どんな若者たちがデジタルネイティブと言えるのか?

  来月に、大学生を対象にした調査を計画している。その中で、デジタルネイティブ度とSNS利用実態との関連を明らかにしたいと思っている。


デジタルネイティブとは?

 この概念の造語者であるマーク・プレンスキー(2001)によれば、デジタルネイティブとは、1980年代以降に生まれた若者をさし、
  • 複数のタスクを同時に処理できる
  • 情報を猛スピードで受けとることに慣れている
  • テキストよりも先にグラフィックを見るのを好む
  • ランダムに情報をアクセスすることを好む
  • インターネットにつながっているときが好き
  • 仕事よりもゲームを好む
 などの特徴を備えているという。また、ドン・タプスコット『デジタルネイティブが世界を変える』によれば、デジタルネイティブには次の8つの行動基準があるという。
  • 自由(ネット世代は何をする場合でも自由を好む)
  • カスタム化(ネット世代はカスタマイズ、パーソナライズを好む
  • 調査能力(ネット世代は情報の調査に長けている)
  • 誠実性(ネット世代は商品を購入したり、就職先を決めたりする際に、企業の誠実性とオープン性を求める)
  • コラボレーション(ネット世代はコラボレーションとリレーションの世代である)
  • エンターテインメント(ネット世代は、職場、学校、そして、社会生活において、娯楽を求めている)
  • スピード(ネット世代はスピードを求めている)
  • イノベーション(ネット世代はイノベーターである)
 一方、日本では、東大橋元研究室+電通がデジタルネイティブに関する調査研究を行っており、デジタルネイティブを生まれた西暦に即して「76世代」「86世代」「96世代」に分け、とくに96世代を「ネオデジタルネイティブ」と呼び、現代の若者の特徴を次のようにとらえている
  • モバイル機器を手足のように使いこなす
  • 朝から晩まで頭の中が動画漬け(しょっちゅう、ユーチューブなどを見ている)
  • 機械親和的傾向が強い(人と会って話しているときより、PCやケータイをいじっているときのほうが楽しい)
  • つながり志向(いつも友人や知人とつながっているという感覚が好きだ
  • 私生活中心主義(デイリー・ミー、ネットで自分に関心のあるニュースしか見ない)

  • クラウドコンピューティング脳(モバイル環境のネット上でアプリを自由自在に処理し、情報をすばやく収集・編集できる)
  • 「オンタイム」志向(ツイッターにより、リアルタイムの情報更新を楽しむ)
  • 気になることがあると、ケータイやスマホで詳細に情報検索する。つねにモバイル機器が一緒
  • 複数のSNSをうまく使いこなしている
 また、木村忠正は『デジタルネイティブの時代』の中で、デジタルネイティブの特性として、
  • 絶えず創り出される「空気」の存在((ケータイメールを)5分以内に送り返さなければいけない、といった暗黙のルール、すぐ返信がないと不安になる、など)
  • 親密さと「テンション」の共有(ツイッターによるコネクションという新しいタイプの人間関係の形成)
 などに注目している。

 これとは別に、NHK取材班が作成した「デジタルネイティブ度」チェックなどもある。



 

デジタルネイティブ度尺度の作成

以上の先行研究を参考にして、とりあえず、「デジタルネイティブ度」尺度をつくってみた。これは、9つの要素からなっている。
  •  IT革新性
  • マルチデバイス志向
  • スピード志向
  • クラウド脳
  • ネットへの高い信頼性
  • ネット繋がり志向
  • ネットでの情報発信志向
  • 情報カスタマイズ志向
  • 空気を読む傾向
 それぞれについて、2~3問の設問を作成しているところだ。調査実施の結果はまた改めてご報告することにしたい。仮説としては、こうした「デジタルネイティブ」の特性をもった若者は、実際には部分的にとどまり、その程度は個人によって異なるだろうということ、また、その度合いによって、SNSの利用行動も大きくことなる、ということを考えている。

 ちなみに、私は「デジタルシニア」であり、およそデジタルネイティブ世代とはかけ離れているものの、「デジタルネイティブ度」からすれば、ほぼ満点をつけられると思う。つまり、同世代においても、「デジタル親和度」は大きくことなるものと予想されるのである。 

 これもまた、The Digital Divideという本で抜粋が掲載されていた章のタイトルです。Grown Up Digital (pp.73-96)。すでに、2009年に邦訳が出ています(原書は2008年刊行)。詳しくはそちらを参照していただくとして、ここでは、英単語の勉強の一部として、抜粋を紹介しておきたいと思います。ちなみに、「8つの規範」とは、世界中の6000人のネット世代に対する調査をもとに、かれらのもつ規範(他の世代と異なる態度、行動上の特性)を抽出したものです。翻訳はまだ手元にないため、訳語が違っているかもしれません。

(1)自由(freedom)
(2)カスタマイズ性(customization)
(3)探索力(scrutiny)
(4)誠実さ(integrity)
(5)協働(collaboration)
(6)娯楽(entertainment)
(7)スピード(speed)
(8)イノベーション(innovation)

pester (人などを)悩ます、困らせる
 〔原文〕Since I was in the business of observing the impact of the Internet, I started pestering Niki with questions at the dinner table about what she was doing online.
 〔訳〕私がインターネットの影響を観察するビジネスを始めて以来、私はディナーテーブル上でニキ(タプスコットさんの娘)がオンラインで何をしているのかという質問で彼女を悩ませることになった。

(1) freedom(自由)

revel (・・・を)大いに楽しむ、耽る
 〔原文〕 They revel in the freedom. My son Alex, for instance, is thinking about getting an MBA or a law degree. But when I asked him about his immediate plans for a job, he put it this way:"A commitment of three years or more would make me hesitate...."
 〔訳〕彼ら(ネット世代)は自由を満喫している。例えば、私の息子アレックスは、MBAの資格や法学士の資格を取得することを考えている。しかし、就職についての直近の計画を訪ねると、こんな風に答える:「3年以上拘束されるのはいやだ、、、。僕は20代のうちは、自分探し、自己実現に専念したいんだ」

hedgehog ハリネズミ 
 〔原文〕Curious whether the African Pygmy hedgehog makes a good pet for a pre-teen? Google offers more than 25,000 links to "African Pygmy Hedgehog" to help the Net Gener decide.
 〔訳〕アフリカ・ピグミー・ハリネズミがプレティーンにとってよいペットかどうか、興味がありますか?グーグルはネット世代の決定を助けるために「アフリカ・ピグミー・ハリネズミ」へのリンクを25000以上張っているのだ。

(2) customization(カスタマイズ性)

quaint 古風な
relic 遺物
〔原文〕With YouTube, television networks run the risk of becoming quaint relics. The industry will still produce programming, but where and when the programming is watched will be up to the viewer.
〔訳〕ユーチューブのおかげで、テレビネットワークは古くさい遺物と化す危険を負っている。この業界は依然として番組を作り続けるだろうが、いつどこで番組が見られるかは、視聴者次第だ。

(3) scrutiny(探索力)

fisher フィッシング詐欺
scam 信用詐欺
〔原文〕Net Geners are the new scrutinizers. Given the large number of information sources on the Web, not to mention unreliable information - spam, phishers, inaccuracies, hoaxes, scams, and misrepresentations - today's youth have the ability to distinguish between fact and fiction.
〔訳〕ネット世代は新しい探索者だ。ウェブ上にある数多くの情報ソース(信頼できない情報-スパム、フィッシング詐欺、デマ、信用詐欺、誤った記述など-)からすると、今日の若者は事実と虚偽を見分ける能力を持っているといえる。
candor 公平無私、虚心坦懐、正直、率直
〔原文〕For anyone wanting to reach this age group, the best strategy is candor. They should provide Net geners with ample product information that is easy to access.
〔訳〕この年代グループに到達したいと思う者はだれでも、最良の戦略は「率直さ」だ。かれらはネット世代に対し、アクセスの容易な製品情報を豊富に提供すべきだ。

(4) integrity(誠実さ)

・give a damn 少しもかまわない
〔原文〕The stereotype that this generation doesn't give a damn is not supported by the facts. Net Geners care about integrity - being honest, consideerate, transparent, and abiding by their commitments.
この世代が(他者に対して)少しもかまわない、というステレオタイプは事実に反する。ネット世代は誠実さを気にかけている。つまり、正直であること、思慮深いこと、透明性をもつこと、約束を守ることなど、、

(5) collaboration (協働)

・harness (自然力を)利用する
〔原文〕 The new collaboration is not traditional teamwork at all. The difference today is that individual efforts can be harnessed on a large scale to achieve collective outcomes, like Wikipedia, the online encyclopedia written by 75,000 active volunteers.
〔訳〕新しいコラボレーションは伝統的なティームワークとは異なっている。現代における相違点は、個人の努力が集合的な成果を達成するために利用されるということである。オンライン百科事典のウィキペディアのように。

(6) entertainment (娯楽)

growl がみがみ不平を言う
goof off 怠ける、さぼる
〔原文〕Employers often growl when they see Net geners goofing off online at work. But I think that employers should cool it.
〔訳〕雇用者はしばしばネット世代が仕事中にオンラインで怠けている、と不平を言う。しかし、私は雇用者がもうすこし冷静になるべきだと思う。

(7) speed 〔スピード〕

24/7 つねに、いつでも。24 hours / 7 days a week の略語。twenty-four sevenと発音する。
〔原文〕 Having grown up digital, they expect speed - and not just in video games. They're used to instant responsee, 24/7.

〔訳〕デジタルに育った彼らは、スピードを要求する。それはビデオゲームだけではない。彼らはいつでもすぐにという即座の反応に慣れているのだ。

(8) innovation 〔イノベーション〕

toil 骨を折る、難渋しながら歩く
〔原文〕Net Geners don't want to toil in the same old bureaucracies as their parents. They've grown up in an era of constant innovation and change.
(訳)ネット世代は両親と同じような古くさい官僚的なやりかたで骨を折って進むことを望んではいない。彼らは絶え間なきイノベーションと変化の時代に育ったのだ。





このページのトップヘ