メディア・リサーチ

メディアとコンテンツをめぐる雑感と考察

カテゴリ: PC

 先日、めがねを新調したとき、お店の人に、「ブルーカット」を入れますか?と聞かれました。長時間PCの作業をする人には、おすすめだとのことでした。しかし、私はPCで写真を扱うことが多いので、断りました。

 その代わりになるソフトがあることを発見しました。f.luxというソフトがそれです。これをインストールすると、ブルーライトをカットし、目の疲れを大幅に軽減することができるので、とても助かります。写真を扱うときなど、原色を表示させたいときには、f.luxの設定をもとに戻すことがいつでも可能です。これは、本当に素晴らしいソフトで、PCを長時間使う人にとっては必携のソフトといえるでしょう。

 

 インターネットがこれほど発展し、私たちの日常生活に根付くようになったのは、パソコンが開発され、高性能化し、低価格化したからだろう。パソコンの発展は、マックとウィンドウズの発展に負うところが大きいのはいうまでもない。そのルーツを改めて振り返ってみたい。

1976年4月1日 Apple Computer社を設立。自宅のガレージを工場として、Apple Ⅰを製作。200台ほどを販売した。
apple1

1977年 Apple Ⅱを製作、販売。使いいやすい個人向けパソコンとしては、世界初。このパソコンの成功で、アップル社は飛躍的に発展。1993年までに500万台を売り上げたという。

apple2

1984年1月 初代Macintoshを発売。大ヒットとなる。
macintosh1984

1984年といえば、ジョージ・オーウェルのSF小説『1984年』と符合する。これにちなんで製作したテレビCM(スーパーボウルの開催時にリリース)が話題になった。テレスクリーン上の独裁者ビッグブラザーに対抗して、ひとりの女性がハンマーでスクリーンを破壊するシーンが印象に残る。ビッグブラザーはIBM、女性はマックを暗示していた。

 

マック誕生秘話は、こちらのサイトで、、

このページのトップヘ